【一条工務店】こだわりの間取り-その家の顔である外観は重要




外観について、記載します。

外壁

素材はハイドロテクトタイル

付けない人はいないであろうけども、一条工務店の2×6工法の家に貼れるハイドロテクトタイル。

こちらを、無条件に付けました。

一応、オプションです。貼っていないお宅はあるのでしょうか?

もう、標準仕様にすれば良いのにと思いますが。

こだわりもなにも、メンテの一番かからないと言われているタイルを付けるために、i-smartを選んだと言って間違いはありません。

色は、最初から一度も変わることなく、ホワイトメインの、ピンクをアクセントにでした。

設計士さんには、ホワイト一緒がおすすめと言われました。

家の印象は、家そのものよりも外構を含めたトータルが印象に残る。

自由に、どんな外構でも合わせられるのは、ホワイト一色ですと。

営業さんも、ホワイト一色のが一番多いとおっしゃいました。

えー、でも、ホワイト一色のアイスマ、街中で見たことないですけど。

どうしても、ケチ根性が顔を出し、2色までタイルと使えるとなると、2色使いたくなるのが人情というもんです( ゚∀゚; )タラー

 

上部図でお分かりいただけますように、とっても無難な色合いになっております。

今は、ホワイト×ピンクの組み合わせにしてます。

屋根は濃いブラウン。

窓枠はアーバングレー。

ありがちな、無難な組み合わせですね。

迷った外壁の色

でも、実は、途中で、激しく悩んだ時期もありました。

ふと思い立って、塗り絵、ぬりぬりしちゃったんですよ。

じゃんっ(・∀・)ニヤニヤ

 

なんか、イイーーーーーー!!!

シュシュ風に見えるじゃないですかー☆ワ-(ノ。・ω・)八(。・ω・。)八(・ω・。)ノ-ィ!!!

・・・見えないか(T▽T;)

引き締まって見えます。

早速画像検索して、黒い窓枠を探してみました。

ですが、一向に見つかりませんでした。

黒い窓枠は、そんなに人気がないのでしょうか。

黒枠にするには、オプション代金がかかると言われましたので、そういう理由もあるかしれません。

いずれにせよ、黒枠の実物を(写真でも)見ることができなかったので、断念しました。

 

Sponsored Link

 

屋根は太陽光よりも見た目優先

わが家は、太陽光を乗せることよりも、外観に合った屋根を作ることを優先しました。

長らく、設計士さんからは、切妻屋根をおすすめされて、長らくそのプランで進んでいました。

でも、アイスマートに切妻屋根って、どうしてもイメージに合いませんでした。

この屋根、どうなんでしょうかーと打ち合わせの場で伝えると、設計士さんも営業さんも、「良いと思いますけど。」と口をそろえます。

でもでも、やっぱり、なんか違う。

そこで、片流れを希望しました。

ですが、片流れにすると、屋根の高さが1種低層地域の高さ制限のギリギリの高さになる、それは、隣家ヘの配慮が必要であろうと、設計士さんからアドバイスがありました。

そこで、設計士さんから提案のあったのが、これです。

途中で切り取った感じの屋根です。

そして、出っ張りの部分は陸屋根になりました。

陸屋根は、10年に一度は、点検で上の確認が必要と言われましたが、そのことは、採用しない理由にはなりませんでした。

満足な屋根が出来上がったと思います。

屋根も、外観を決める大きなポイントですので、自ら提案していって良かった部分です。

 

外から見ることを意識した窓

北側にもできる限りの窓

通常は、北側にはそれほど窓を設置しないと思います。

設置しても小さ目。

ですが、わが家は北側が道路ですので、家の顔が北側ということになりす。

北側に積極的に窓を設置しないと、のっぺらぼうになります。

で、設計士さんにがんばってもらいました。

で、でも、これが限度でした(´;ω;`)ブワッ

これは、室内には、あってもなくても良い窓もあります。

それでも、上下左右で同じ窓を設置して、なんとかのっぺらぼうにならないようにしてもらいました。

でも、寂しい外観ですね。

西面も

ただし、道路から西面も見えるので、救われています。

そこで、西面を、一番良いお顔にするべくがんばりました。

それが、一番上に張り付けた図です。

そうです、上下3連窓がかないました!

これは、ほんとに気に入りました。

毎日帰宅時、道路を歩いていると、この西側が目に入って来ます。

 

Sponsored Link

 

バルコニーもハイドロテクトタイル

一条工務店のアイスマートといえば、ファインバルコニーですね。

透明、または半透明のバルコニーです。

でも、それは、私の好みのエレガントな三井スタイルとは真逆。

この辺は、好みで選べばよいでしょういうのが、設計士さんのお話でした。

メンテナンスにも差はないようです。

アイスマートのスタイリッシュを全面に押し出したい方は、ファインバルコニーが似合うと思います。

わが家は、スタイリッシュさの中にも、柔らかい雰囲気を加味したくて、タイル張りを選びました。

 

まとめ

外観は、その家の印象を決める、重要な要素です。

外観を作り上げるのは、家の形、屋根、外壁、窓、それぞれのバランスだと思います。

住み心地とは関係なくても、外観がどうなるかを考えながら、それらをバランスよく組み立てていく。

外観を考えながら間取りを作っていくことも、また、家づくりでは必要なステップと思います。

毎日、自分の家が見えてくるとウキウキするような、そんな外観が出来上がり、満足しています。



Sponsored Link