【一条工務店】こだわりの間取り シューズクローク編 | 一条工務店で建てた ふわふわ☆わんこのお・う・ち

【一条工務店】こだわりの間取り シューズクローク編




Two way accessの存在を知って

理想の玄関とは

わが家に建て替え案が浮上し、住宅展示場を訪問し始めて、初めて two way accessというものがあることを知りました。

ウォークスルー可能なシューズクロークを配置することで、リビングまで家族が通り抜ける動線と、来客が通るオフィシャルな動線の二つを作るという間取りです。

絶対に採用したいと、最初から強い思いがありました。

家のことに関して、ほとんど口をはさまず、私のやりたい放題にさせてくれる天使のような?!オット氏ではございましたが、そんなオット氏も two way access を作ることにはこだわっておりました。

玄関入ったときに、何にもない状態というのが、オット氏の理想。

玄関を開けて、靴が見えている状態は許せないんだそう。

そのため、靴を脱ぎ散らかしていても、玄関から見えない状態にしろというのが、至上命題だったそうですよ。

そんなわけで、二人の意見が一致したわが家ではウォークスルーシューズクロークを作ることとしました。

出来上がった間取り

狭いながらも、ウォークスルーのシューズクロークを作ることができました。

左側が玄関、下側がウォークインパントリーになります。

Sponsored Link

こだわり満載のシューズクローク

ウォークインパントリーの下はキッチンなので、家に入ると、収納スペースを経由してキッチンへと入っていくことになります。

たったの1.25帖の狭い空間ですが、こだわり満載ですので、ご紹介させていただきます。

こだわり①

左側の入り口は、引き戸で仕切れます。

基本、あけっぱだとは思いますが…(๑´ڡ`๑)

玄関開けたときに何もない空間をお望みのオットですが、実は、玄関の向きが、どうしてもシューズクローク向きになってしまっています。

結局は、開けたらシューズクローグのグチャグチャが目に入るんじゃないかと…当時本人は、まだ気付いてなさげだったので、見て見ぬふり

まぁ、何かあったら閉めて隠せる、これ大事(๑• ̀д•́ )✧ドヤッ

こだわり②

右上は、2枚扉のシューズウォールにしました。

上部はふさがない仕様です。

重いものを乗せないでくださいとは言われましたが、もちろん、物置用に開けるわけです。

最初に希望したのは、扉なしの全面棚になっているような靴箱でした。

上から下まで全面靴を収納できるのが理想。

しかし、設計士さんの、「ひとつはタダなんだから、付けましょうよ。扉は外せますから。」という言葉に負けまして、標準の靴箱を付けました。

扉は、そのまま粗大ごみかもと思いながら、何足靴が入れられるかを数えたりして、半分妥協して、一条工務店の標準の靴箱を設置しました。

結論からいうと、違うものを付けたら良かったかなと思っています。

靴の収納が足りてませんヽ(;´Д`)ノ

こだわり③

ここでも、斜め框施工にしてます。

というのは、家側からシューズクロークに物を取りに行くときとか、

靴を仕舞ったりするときに、わざわざ靴を履くのがめんどうなので、板の間を歩きたい。

下の赤い矢印の動線を確保するために、框を斜めにしました。

なんとかうまく直角で作りたかったのだけども、使いやすさを考えて、斜め施工となりました。

こだわり④

靴箱の対面は、稼働棚です。

ここには、ふわふわ☆わんこのお散歩グッズやら、物置にしまうような、雑多なものたちを収納予定です。

まさに、クロークとしての役割ですね。

そして、見えない場所に設置したかったパイプスペースも、ここに持ってきました。

こだわり⑤

ホスクリーンも設置しました。

雨の日にね、ふわふわ☆わんこたちのカッパとバスタオルを掛けて干す場所が必要なんですよっ。

こだわり⑥

窓。

空気の入れ替えと、明かり取りの目的です。

一条工務店の家は、基本的には窓は開けない仕様ですが、いやいや、シューズクロークに匂いがこもるのは避けたいです。

こだわり⑦

棚が付かない面には、下地をいっぱい入れておきました。

ワンコのリードをひっかけるフックを付けたり、

カギやハンコ置く収納スペース作ったり、細々とDIYしたいと思ってます。

まとめ

動線の要として、ウォークスルーシューズクロークを設置しました。

この収納空間と動線を確保するために、居室スペースを犠牲にしました。

でも、居室部分を削ってでも、使いやすい家を作るという方針を貫き通しました。



Sponsored Link