あかりプランだけじゃない、パナソニックのショールームがおススメの理由




間取り設計中に、パナソニックのショールームにも足を運びました。

「あかりプラン」を作ってもらうことが目的でした。

家を建てるにあたり、一条で建てた方のブログをたくさん参考にしましたが、照明を計画時に、「あかりプラン」を作成している方が多かったからです。

「あかりプラン」とは、間取りに基づいて、照明の提案をしてもらえるパナソニックのサービスです。

無料サービスなのが、ありがたいところです。

ショールームに出向くことができない場合は、オンラインでも作成してもらえます。

しかしながら、ショールームに足を運ぶメリットもありましたので、可能な方は、行かれることをお勧めします。

 

ショールーム訪問

一応、予約制

私は、予約を取って行きました。

最初はネットで予約をしたのですが、そこで予約できるのは、10時、13時、15時だけ。

どうしても到着が15時半になってしまうので、電話で問い合わせてみたところ、電話で予約すれば、30分刻みで、何時でも大丈夫とのことでした。

現地の受付にも、電子掲示板に一日の予約者の名前一覧が出ていましたが、30分刻みで、それぞれいろんな時間の予約になっていました。

電話予約の方が融通が利くということですね。

そして、空いていれば、予約しなくても相談可能です。

写真撮影について

ショールーム内の写真を撮りたいかを聞かれます。

撮影をする場合は、誓約書を書くことになります。

撮影した写真は個人使用限定です。

ブログアップもNGとのことなので、残念ながらショールームの写真はナシです。

何をしてもらえるか

ショールームでは、担当者が一組に一人付きます。

担当の方によって、また、顧客側の希望によって、やり方は違ってくるとは思いますが、私の場合は、担当者の方が主導的に動いてくださいました。

まずは間取りの確認です。

そして、最初に決めたことは、ダウンライトを中心にするか、メインの照明を設置するかの基本方針でした。

私は、あまりダウンライトは好みではないので、必要最低限でと、お願いしました。

必要なことを、担当の方がどんどん聞いてくださって、こちらは答えていく方式。

こういうパターン、楽で、好きです。

例えば、キッチン上は…ダウンライトか、ペンダントライトか、ふつーの蛍光灯かがありますが、どういうのがお好きですか?と聞かれました。

ペンダントライトって、種類もたーーーくさんあって、おしゃれでかわいいですよね。

上手にペンダントライトを採用しているおうちの写真を見ると、良いなぁって思います。

ですが、担当の方に、お掃除がそれなりに必要ですと説明を受けて、わが家は却下。

特にキッチンだと油も飛ぶので、メンテが必要らしいです。

なので、キッチンはダウンライトメインと、決めます。

仕様が決まると、今度は明るさです。

ショールームでは、実際の明るさを感じながら決めることができました。

ダウンライトだけだとこのくらいですよと説明され、私は暗く感じたので、蛍光灯を追加です。

あと、ダウンライトも普通は2つらしいのですが、3つにしてもらいました。

このように、質問に答えながら、体感しながら、各部屋の照明決めがどんどこ進みます。

階段なんて、「この3種類ありますが、どれにしますか。」と聞かれて、コレっ!と選ぶだけです(笑)

所要時間は、ざっと1時間。

1週間後くらいに、清書して電気プランの提案書と見積もりを送ってくださるそうです。

さて、おくらくらいになるんでしょうね~。

 

Sponsored Link

 

行ってみての個人的感想

照明の実物を見られたのは良かったです。

それ以上に、自分の好みの明るさを見つけられたのが、大きな収穫でした。

明かるさの好みは、個人の感覚によるところか大きいのでね。

照明の実物を見られたのも良かったですが、カタログで見る感じと、それほどの大きな違いはなかったので、見るためだけにショールームに行くのは、ちょっともったいないかも。

やはり、明るさ体感が、外せないポイントです。

「あかりプラン」と見積書

「あかりプラン」と見積書は、ショールーム10日後くらいに届きました。

目ん玉飛び出ましたー。

お値段、なんと、846,612円。

まぁ、カタログ通りのお値段なので、そうなるのでしょう。

最終的に一条工務店を通して発注すると、それなりの割引金額が出てきますが。

割引率は、各担当者にご確認ください。

それにしても、カタログ上のお値段の比較をしても、パナソニックはかなりお高い気がします。

パナソニックって、飛びぬけてお高い。

例えば、わが家で採用したいリビングの照明。

同じようなものが他社製品でもありましたが、パナは190,000円で、コイズミだと74,800円。

えー、もちろんコイズミのにしましたとも。

どうしてもパナのこの形でないとという照明がるわけではない場合は、「あかりプラン」を参考に、その他のブランドのカタログを見ながら選ぶと良さそうです。

ダウンライトや、こだわらない寝室の丸い照明とかは、一条の標準ので十分でした。

まとめ

設計時に必須ではないと思っていたパナソニックショールーム訪問。

ですが、実際に行ってみて、明るさを体感しながら、必要な照明を選ぶことが出来て良かったです。

おかげで、わが家には照明が足りないなーという場所は、無かったです。

時間的な余裕がある方は、ぜひ明るさを体感してきてください( ー`дー´)

無い方は、ネットであかりプランをお試しください(*・ω・*)

わが家は、実は、こだわりの照明を、こののち採用することになり、パナソニックのショールームを再訪しています。

そちらもよろしければご覧ください。

【一条工務店】こだわりの間取り リビング編

2018.02.03


Sponsored Link