三井ホームの真似をしたかったステンドグラス-i-smartで諦めたこと




三井ホームのモデルハウスの写真を見ていると、ほれぼれしますよ。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

そんな、素敵三井ホームのエッセンス、どこかに取り入れたいもののひとつが、ステンドグラスでした。

ステンドグラスをアイスマートでどこかに入れられないか、いろいろと検討をしました。

腰壁又は室内窓に

ステンドグラスを家の中のどこかにと考えたときに、まず思い浮かんだのは室内窓か、吹き抜けの腰壁でした。

でも、思い浮かんだものの、はなから諦めていたのが正直なところでした。

実は、稟議が通る可能性があったかもと、後々は分かったので、相談しなかったことをかなり後悔しました。

というのも、少し前のアイキューブでは、階段の上の腰壁に、オプションで穴をあけることができていたというのが分かりました。

穴が空けられるのであれば、そこにステンドグラスを入れられただろうなと思うのです。

後悔先に立たず…。

仕方ないので、わが家の吹き抜けは小さいので、1階から腰壁も見えないし…と、自分に言い聞かせております。

1階から見えない腰壁のために、稟議を通してもらって、ステンドグラスを施主支給すべく奔走して…そこまでしたかったのか、自分に問うと…やっぱりしたかったです。゚・(。ノД`)ヾ(-ω-*)ヨチヨチ

その他には、狭いわが家で穴を開けられるような壁はなかったですね。

室内にある壁は、ほとんどが耐力壁ですので、穴はあけられません。

もしも耐力壁でなかったら、リビング入り口のところの壁にステンドグラスを入れたかったなと思います。

リビングドアに

次の可能性として、リビングドアをステンドグラスが入ったタイプのを入れられないかということを考えました。

その方法としては、ふたつの可能性がありました。

ガラスを後々変える

ひとつは、一条のドアのガラスの部分を、後からステンドグラスを入れなおす。

これなら簡単ですし、引き渡し後にいつでもできることなので、ハードルは低いです。

しかしながら、i-smartのリビングドアのガラス部分は小さいです。

その小さいところにステンドガラスを入れても、いまいち…映えないということで、却下。

リビングドア自体を変える

ふたつめは、リビングドア事態を施主支給する案。

設計士さんに相談したところ、一条側としては、ドア枠もはめずに、そのままの状態で引渡しとなりますと言われました。

その後、施主でご自由にドア工事をしてくださいと。

そこで、工事してもらうことが可能かどうか、ステンドグラスのリビングドアを扱っているショールームに出向いて相談です。

↑の写真が、実際に相談に行ったショールームです。

そちらでは、後から工事はできないことはないが、一般的には、新築の場合は、工務店側が設置するものなので、建築会社に相談した方が良いですと言われました。

これが、入れたかったドアです。

実際に写真を撮ってきたのですが、削除してしまっていたので、HPから写真を拝借しております。

実物を見たときに、これにしたい!!と思いましたし、いずれリフォームしたい夢は捨ててません。

工事は一条側でと、ドアの販売会社に言われましたので、持ち帰って営業さんに相談しました。

一条側の工事にするには、稟議になるし、稟議が通るかどうかも分からない。その会社と一条は直接取引ができないため、たとえ稟議が通ったとしても、ドアをいつ搬入して、いつ取り付けてといった交渉を全て施主側でしないといけないので、難しいのではないかとの話でした。

うーん。゚+(σ´д`。)+゚・

どちらに相談しても、「相手側次第です。」と、どちらも積極的には関わろうとしてくれませんでした。

わが家は、引き渡し後にすぐの引っ越しが必要だったので、リビングドア工事をあとから行うのは難し。

そこを強く押し通すパワーが、施主に必要だったのでしょうが、八方ふさがりな気持ちになってしまい…そして、諦めたのでした。

 

Sponsored Link

 

玄関ドア

それならば、最後の手段と、玄関ドアをステンドグラス入りのものにしようとしました。

三協アルミのショールームに行って、気に入ったものです。

(画像はHPから拝借)

このドアのガラス部分がステンドグラスになっています。

ご近所を歩いていると、ときどき見かけます。

しかしながら、高気密性を売りにしている一条なので、稟議書を上げてもらう前に、NG出ました。

営業さんが建築部(だったかな?)に打診してみてくださり、採用不可のお返事来ました。

機密性を最大の売りにしている一条としては、機密性の確保できない玄関ドアは付けられないのだそうです。:゚(。ノω\。)゚・。 ウワァーン

まとめ

ステンドグラスを採用することは、一条工務店のパネル工法ではとても難しいように思います。

室内壁とリビングドアについては、恐らく、軸組工法のシリーズを選んでいたら、採用できたのではないかなと思います。

理想と現実。

がんばってはみましたが、ステンドグラス採用は、あきらめざるをえなかったことでした。



Sponsored Link